公立ルートを行く

公立中学校で3年間を過ごし、高校受験を経験して、自分のベスト大学に進学する教育ルートの魅力を発信します

夏の高校野球神奈川大会:公立高校を応援する

 7月7日(日)から高校野球神奈川大会が始まり、熱戦が繰り広げられている。今日で2回戦が終わり、7月13日(土)から3回戦が始まる。

 

 先週日曜日に、公立高校同士の対戦をYahooのライブ配信で視聴した。最後はあっけない幕切れだったが、どちらの学校も勝たせてあげたい試合だった。負けたチームのエースはかなりの好投手で、このエースのいるチームでも1回戦で負けることがあるのかと思ってしまった。

 

 「1回戦敗退」とだけ聞けば、弱いチームだったのかと思ってしまいそうだが、実はそんなことはないのである。このエースは終盤では大ピンチを凌ぎ、最後まで投げ切り、試合には負けたけれども、何か大きなものを成し遂げたように思う。チーム全員が勝つために頑張った。一生語り合う貴重な経験だ。スタンドで応援する生徒達は彼らの頑張りに感動したと思う。

 

 公立高校の野球部では、数年に1回、あるいは10年に1回、強いチームが生まれることがある。神奈川大会なら4回戦に進出できたら、相当にすごいことである。5回戦進出(ベスト16)なら、その学校の野球部の伝説になる。

 

 熱戦は続く。公立高校のチームが4回戦、5回戦に勝ち上がるのを応援する。