公立ルートを行く

公立中学校から高校受験を経て国公立大学に進学するルートの魅力を発信します

高校入試の出願手続きはほぼ完了

 先週、第1希望の県立高校、併願確約をいただいている私立高校、一般入試を受ける私立高校の3校への調査書郵送が無事に終わった。娘は、中学校からグループに分かれて指定された郵便局に行き、そこで郵送手続きをしたようである。

 

 神奈川県の公立高校は、今年からインターネット出願になり、GmailがNGという大トラブルがあった。しかし、この問題を除けば、インターネット出願は快適である。「志願申請」から「受検票発行」まで7つの項目が矢印でつながっている。「志願申請」が完了すると済マークが付くので、その手続きが無事完了したことがわかる仕組みになっている。

 

 先週、コンビニで受検料を支払うと、リアルタイムで「受検料支払」(2番目の項目)に済マークが表示された。

 

 先ほど出願サイトにアクセスしてみたら、「高校受理」(5番目の項目)に済マークが着いていた。これで安心である。あとは受検票が発行(家で印刷)できるようになるのを待つのみである。

 

 併願確約をいただいている私立高校からは、今日の午後、出願書類一式を受領した旨のメールを受信した。こちらも安心である。

 

 一般入試を受ける私立高校については、調査書が届いたのか、出願サイトではわからないが、数日後に「受験票印刷」がONになるはずである。